ネイリスト 資格

自己流。自爪ケアと簡単セルフネイル

以前まで2ヶ月に1度ほどのペースでネイルサロンに通っていました。

今は家庭に入りネイルには通ってはいませんが自己流でケアをしています。

ネイルサロンに通っていた時はジェルネイルをしていたので2ヶ月もっていましたが、自己流でネイルして炊事家事をするとすぐ剥がれてしまいますが、出かける前などは女を忘れ内容心がけ自分でネイルしています。

普段、私はネットで調べたりネイルサロンでやってもらっていたように、見よう見まねで、爪切りではなくヤスリで爪の形を整えています。

甘皮の処理なども自分でやっています。ドラッグストアや100円ショップで揃えました。

お湯で指先を温めてから優しく甘皮を剥いでいきます。自己流ではありますが、甘皮を剥ぐのと剥がないのとでは指先の綺麗さが全然異なります。仕上げに表面を磨き爪に凹凸がないようにします。たまにレシートを使い磨いてツヤ感を出したりもします。

ネイルはワンカラーで仕上げることもありますが、マスキングテープを使用してフレンチネイルにしたり、ストーンを置いたりすることもあります。

爪楊枝を使用しドット柄にすることもあります。爪楊枝やピンセットを使えば失敗することなく仕上がります。

最後にトップコートを塗って終了です。

もう夏になるのでジェルネイルキットを買って、自己流で夏っぽいネイルにしたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネイルケアを怠らないで!指先キレイで美意識アップ!

ネイルスクール(ネイル資格の取り方おすすめガイド【最安最短】で取得しよう!)のネイルモデルをしています。ネイリストの卵の方や、サロンで働くプロの方がスキルアップのために通っているスクールです。
そこでは基礎をみなさん叩き込まれているようで、とても丁寧な施術をしていただいています。

生徒のみなさんがとても熱心にお勉強をされ、施術をしてくださるので、ただのモデルの私の意識まで変わってきました。

少しでもよいコンディションで対応しようと思うようになり、ハンドクリームをこまめに使うようになりました。乾燥が気になりネイルオイルも入手しました。マッサージも欠かさなくなりました。

基礎化粧品で顔のお手入れをする際、化粧水乳液で手や腕もお手入れするようになりました。すると、ガサガサだった腕や肘まで、柔らかく潤うようになりました。少しの手入れでこんなに結果が出るものだと驚きました。

「無料でジェルネイルをしてもらえるとラッキー」と軽い気持ちでネイルモデルを始めたのですが、自分の美意識が変わろうとしています。

「どうせ顔も美人でも可愛いわけでもないし、努力しても無駄」

思えば、ずっと私はこんなひねくれた思考をして、手入れや努力を怠っていました。今思うと恥ずかしいです。

見た目や自分の肉体は、日々の心がけで大きく変わるんですね。ネイルを通して、それを学びました。

今も、ネイルケアとアートは手をかけているつもりです。これからも、もっとキレイになろうと決意を噛みしめるためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネイルモデルをしていると気付けばネイルファンに!

ネイルスクールでジェルネイルのモデルをしています。
生徒さんたちの実習で、ジェルの施術をされるのです。

生徒さんのカリキュラムによって、とても凝ったデザインをしてもらえるときもあれば、基礎的な施術とカラーのみのこともあります。

最初は、ジェルネイルを無料でしてもらえるのがラッキーだと続けていました。

しかし2年ほどモデルを続けていると、自分でもジェルの施術をしてみたいと思うようになりました。

なにせ、ジェルの施術の一部始終、横に先生がつきっきりで指導している話を聞いているのです。
ポイントや、よくある失敗の対処法など、耳年増になっていました。

そしてついに、ネットでジェルネイル入門セットなるものを購入。

カラージェルやLEDライト、アセトンやネイルファイルなど、ひと通りセットになっていました。
さあ!気合を入れてセルフネイルです!

しかし、自分でやってみるととても難しい。
話を聞くのと、実際に手を動かして見るのはえらく違います。

手探りで何度か挑戦し、更に、YouTubeでネイル検定のポイントや、テクニックを押さえてた動画も何本かみました。

そこでは、私はスクールの実技の部分でしかモデルとして立ち会っていないことを通関しました。
座学でどのような勉強がなされているのか今、とても気になっています。

どうせなら、自分をネイル検定を受けてみようかと思い始めました。
特に、自分以外の人に施術するとなると、専門の知識がないと怖いです。

たぶん、スクールに通うのであれば、よく知っている自分がモデルをしているスクールになるでしょう。
無料でモデルをさせてもらってラッキーと思っていましたが、巡り巡ってこのように、生徒候補になるのですね。

また、ネイル人口を増やすことで、ネイル業界も大きくなるでしょうし、よく出来ているなぁと関心しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネイルの臭いが苦手な人にも安心な、胡粉ネイル

近頃。胡粉ネイルという、画期的なネイルが売りだされています。
ネイル検定3級|不合格にならずに一発合格を目指そう!

この胡粉ネイルというのは、胡粉という、もともと日本画の絵の具の材料を利用して作られているネイルなので、爪や肌にやさしいネイルなのです。

私もそうなのですが、ネイルをしたくてもあの臭いが嫌で気持ち悪くなってしまうことってあるとおもいます。

この胡粉ネイルは、そんなネイルの鼻につく臭いがないので、安心して塗ることができるし、もともとの材料が貝殻の粉末を使った自然素材なので、安心して使うことができます。

最初は、そうした自然素材のネイルって、普通のものより発色が悪かったり、取れやすかったりするのではないかと思っていたのですが、実際に爪に塗ってみたら、ふつうのものと比べて発色も遜色が無いし、しっかりと乾かせば、普通のネイルよりも強度が強かったりします。

色も、淡いパステル調から、鮮やかなオレンジや赤など様々なタイプがあり、もともと絵の具ということもあって、発色がよく、日本独特の和の色彩を楽しむことができるのです。

絵の具のように、いろいろな色をあわせて和の組み合わせを楽しむことができますし、雲母というキラキラの素材を使ったネイルを上塗りしてみたりと、いろいろな楽しみ方ができるのが胡粉ネイルなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

発見!キラキラおばさまネイルサロン

私の地元駅には北口と南口があるのですが、北口駅前の荒廃っぷりたるやすごいものがあります。

中でも駅前にどーんと建つ白いビル。

テナントの半数が場末感たっぷりで、どよーんとしてしまっているのです。
お客の数より店員の数のほうが多い本屋や、中高年向けのリサイクルショップなど。

ところが先日そのビルへ足を運んだとき、午前中からお客様で満席!というこのビルではありえない空間を発見したのです!

上りのエスカレーター越しで、なかなか確認しづらかったのですがよくよく見てみるとなんとネイルショップなのです。

お客様の年齢層は30代から50代です。

ネイルショップってなんだかキラキラしていて若い子向けで、私くらいの年齢になるとなかなか入りづらいものです。

だけどこのネイルショップ、パテーションの区切りもなくて中の様子が丸見えでとっても安心できるのです。
そして、ネイルしてもらっているおばさま(私もそうだけど)方の楽しそうなんですよね。

ネイリスト(ネイルアーティスト資格)たちと元気なおばさまたちの盛り上がった話し声がちょっと離れたエスカレーターまで聞こえるのです。

以来、このビルを訪れるのがちょっと楽しみな私です。

「おばさまたち盛り上がってるかなー?」と思わずのぞきこんでパワーをもらってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

出張カットサービスのすばらしさ

仕事柄人前に立つ機会がとても多いので、美容院に行かず髪の毛をおろそかにするわけにも行かず、冬になると頭を抱える問題の一つでもあります。

そんな私にぴったりのプランがありました。

私が昔からお世話になっている美容院限定ですが、なんと出張カットをしてくれるんです。

最低限の機材しか持っていけないようなので、カラーやパーマは出来ないみたいですが、それでも私にはピッタリのプランでした。

よくよく美容師の話を聞いていると、そもそもは私のような若者に向けたサービスではなく、老人ホームにいる高齢者の方向けのサービスでした。

老人ホームにいらっしゃる方や、交通の便が不便でなかなか美容院に来られない方にとても人気のサービスで、三か月先まで予約でいっぱいのようです。

とりあえずまだまだ先でしたが、お試しで三か月後に予約をいれておきました。

美容師の話を聞いていると、今はあまり広まっていないけど、これから先はいろんな美容院もこのようなサービスを始めていくだろうと話していました。
なので、カットだけに限らずパーマやカラー等も出来るように改良すると言っていました。

こんなサービスがあるなんて知りませんでしたが、今後美容院という形が劇的に変化する時代が来るかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

マニキュアを塗り直すタイミング

マニキュアを塗り直すのって、どれくらいで直すものなのでしょうか。

マニキュアをキレイに濡れていると、自分のモチベーションもあがるし、手入れが行き届いてますみたいな雰囲気になって、他の人からの印象もアップすることと思います。ですがそれは、キレイに塗られたマニキュアの場合です。

爪先がはがれていたり、ムラがあったりしたらマイナスイメージでしょうし、ストッキングにひっかかったりもして、イライラの原因になっちゃうんです。

マニキュアを塗ったその日は、まずキレイなことでしょう。ですが闘いはそこからです。

2日3日経てば、だんだんとツヤがなくなってきます。でもまだ大丈夫。
4日5日経ってくると、うまく塗れていなかったところや何かに引っ掛けたりしたところがちょっとはがれてきます。

女子力の高い人は、この辺でちょっと補修して塗り足すか、新しく塗り直すのかもしれません。
でも私は粘ります(笑)

もうすこしいける!まだ大丈夫!と、さらに何日も過ごすうちに、残念な状態になり、むしろ除光液いらずだよくらいになってから、あーあしょうがないと、塗り直し始めるのです。

ピカピカのマニキュアの状態がもっと長ければいいのになあ。

ですが最近、素敵な話を聞いてしまいました。
塗りかけネイルなるものが流行るとか流行らないとか(笑)

オシャレすぎないところがポイントらしいですよ。

私先取りしてたのかなーなんて、取れかけマニキュアを慰める私でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0